ドライバー向けクレジットカードの選び方とポイント

公開日:2015年10月15日

ETCやガソリンの給油などドライバーの方とクレジットカードは密接な関係にあります。

特に昨今のガソリン代の高騰などを受けて、車にかかるコストを少しでも抑えたいと誰もが思っているところだと思います。

そこでドライバーの方向けのクレジットカードの選び方について考えていきたいと思います。

自分に必要な機能を明確にする

まず自分に必要なカードのサービスを明確にしましょう。

大きくわけてドライバーの方がクレジットカードに求めるサービスは「ガソリン代の割引・還元」、「高速道路料金の割引・還元」、「ETCカードの発行」、「ロードサービスを始めとしたドライバー向けの付帯サービス」の4点です。

ドライバーの方ならどれも必要だと思いますので、一つずつ見ていきましょう。


ガソリンの割引・還元を確認する

まずはガソリンの割引についてです。ドライバーの方がもっとも気になる点ですね。

詳細は以前、ガソリンカードの選び方という記事に書いているのでそちらを参考にしていただければと思いますが、ポイントは「1.よくいくスタンドがあるか?」という点と「2.給油額がいくらか(1万円以上か)?」という点です。

■ガソリンカードの選び方のポイント

  1. よくいくスタンドがあるか?
  2. 給油額がいくらか(1万円以上か)?

1がYesの方は元売り系のENEOS CARD S(スタンダード)や、コスモ・ザ・カード・オーパスがおすすめです。

1がNoで、2がYesの方はどのガソリンスタンドでもおトクで利用額に応じてお得度があがるJCBドライバーズプラスカードか、楽天カードのようなどこでも還元率の高いクレジットカードを選択するとよいと思います。

1、2ともにNoの方もガソリンカードにこだわらず、楽天カードのようなどこでも還元率の高いクレジットカードを選択するとよいと思います。


高速道路料金の割引・還元を確認する

高速道路の割引や還元についてもあるとうれしい機能ですね。

高速道路関係の割引や還元があるカードは限られていて以下のカードです。

高速道路が割引になるのはイオン首都高カード。このカードを持っていると日曜の首都高の利用料金が5%オフになるのです。イオンカードと一体型なのでイオンでもお得な特典があります。

またイオンE-NEXCO passカードは直接的な高速道路料金の割引はありませんが、NEXCO東日本エリアのSA・PAの利用でポイントが2倍たまります。

これらのカードをメインカードとしてもよいですが、年会費無料ですのでどこで利用しても1%の還元がある楽天カードや三井住友VISAクラシックカードなど普段使いのカードをメインカードとして、これらをサブカードとして持つのがこれらのカードを作るときはおすすめです。


ETCカードの発行条件を確認する

次はETCカードです。ETCカードはここまでで候補になったカードのETCカード追加発行条件と年会費を確認しましょう。今は発行手数料、年会費ともに無料のカードが増えてきましたがまだまだ有料のカードもあるため確認しましょう。

ちなみに楽天カードは楽天ランクがダイヤモンドとブラックの場合はETCカードは年会費無料ですが、ダイヤモンドより下のランクだと525円/年の追加が必要になってしまいます。

その場合はサブカードとしてENEOS CARD S(スタンダード)や、コスモ・ザ・カード・オーパスなどのガソリンカードをサブカードで持つのが良いでしょう。


ロードサービスが付帯しているか確認する

次にその他のドライバー向けのサービスの有無を確認します。

最も気になるのが車のトラブルに対応してくれるロードサービス付きかどうかという点です。ロードサービス付きのカードは少ないですが、年会費実質無料のENEOS CARD S(スタンダード)やJTB旅カードJMBに付帯していますので必要な場合はこれらのカードを検討しましょう。


年会費を確認する

年会費も確認しましょう。今まで上げたクレジットカードは無料のカードも多いですが、詳細ページor公式サイトで確認しましょう。

支払う年会費に見合うサービスが提供されているかという点をチェックするとよいと思います。見合っていなければ年会費無料や低額のカードが多くありますのでこれらのカードの中から自分にあったものを再度比較してみましょう。


おトクな入会特典を確認する

最後に入会特典を確認します。

入会特典だけでクレジットカードを決めてはいけませんが、楽天カードなどは5,000円~8,000円という年会費無料のカードとは思えない高額な入会キャンペーンを行っていたりしますので、実施中は見逃さないようにしましょう。


まとめ

ドライバー向けのクレジットカードの選び方について考えました。

まとめると以下の順にチェックしていくと自分にあったドライバー向けのクレジットカードが見つかると思います。

  • 自分に必要な機能を明確にする
  • ガソリンの割引・還元を確認する
  • 高速道路料金の割引・還元を確認する
  • ETCカードの発行条件を確認する
  • ロードサービスが付帯しているか確認する
  • 年会費を確認する
  • おトクな入会特典を確認する

ポイントとしては自分に必要な機能・サービスを明確にすること。特にガソリンの割引は自分が利用するガソリンスタンドが特定のスタンドかどうかで還元や選ぶカードが結構変わってきますので重要です。

その他のドライバー向けサービスは好みによるところもあると思いますが、自分に必要だと思う機能をもつクレジットカードを選ぶようにしましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ