リボ払いカードの選び方とチェックポイント

公開日:2015年10月12日

リボ払い専用カードというものがあります。リボ払いとは何かという点は「リボ払いの意味や特徴、支払方法の種類や注意点」を参照いただきたいのですが、支払方法がリボ払いのみのクレジットカードは「リボ払い専用カード」、「リボ専用カード」と呼ばれています。

以前からクレジットカード各社はリボ払い専用カードの告知に強化していて、CMや広告を目にしたことがある方もいらっしゃると思います。

ただ聞いたことはあるけど、サービスの内容についてよくわからない人も多く、注意点もあるカードなので、今回はリボ払い専用カードの選び方について考えていきたいと思います。


リボ払いの注意点

まずリボ払いの注意点について説明します。

リボ払いはリボ手数料という金利を支払う可能性がある支払方法です。これだけは理解しましょう。

リボ払いは、毎月の支払額を設定した額だけ支払っていくという支払方法です。これだけを聞くと支払額を自分で決められるので便利なように聞こえますが、支払わなかった分(未払い)の残高にはリボ払い手数料という金利が発生します。

例えば毎月の支払額を3万円にしている状態で5万円カードを利用したとき、その月の支払額は3万円になります。そしてこの2万円には年利15%の金利がかかります。翌月に2万円を支払えばリボ払い手数料は数百円ですみますが、翌月また5万円使用すると残高は7万円になり、その月に3万円支払っても4万円残高が残り、そこにまた金利が発生して・・・と、雪だるま式に残高が増えていきます。

こんな話はどこかで聞いたことがあると思いますが、要はキャッシングしている状態に近いのです。未払いの残高が増えてくると、元本の返済がなかなかできないという事態にもなりかねません。

またリボ払い手数料という名の金利は年利15%程度の会社が多く、分割払いをするよりもかなり高い金利が設定されています。

ものすごく悪い言い方をしてしまうと、簡単に借金ができ、金利が高い支払方法がリボ払いなのです。そのためクレジットカード会社にとっては収益性が高いカードになるのです。

もちろん支払額を自分で設定でき、毎月の支払額を一定にできるというメリットもありますが、それよりも残高が増えてしまうことの方が怖いので、自分が使うかと聞かれれば「利用しない」と答えます。

ここまでリボ払いの注意点について述べてきましたが、リボ払い専用カードとは支払方法がそのリボ払いしかないクレジットカードなのです。利用にあたっては注意が必要です。


リボ払い専用カードをあえて作る必要はない

先に述べた通り、リボ払いは金利手数料が発生する可能性がある支払方法で、リボ払い専用カードは支払方法がリボ払いのみとなっているカードなので、あえてリボ払い専用カードを選ぶ必要はありません。これは間違いありません。

しかし、リボ払い専用カードは一般のクレジットカードより還元率やサービスがよいものもいくつかあります。

そういったお得なカードをうまく使うことで、リボ払い専用カードのメリットを受けることもできます。

ただそのためには次にあげるチェックポイントを確認して、「上手に付き合えるリボ払い専用カード」なのかという点を確認する必要があります。

チェックポイントとしては、「実質一括払いが可能か?」という点と、「クレジットカードとしての機能はよいか」という2点を確認します。

それぞれ見ていきましょう。

一括払い、全額払いができるか確認する

まず実質一括払いができるかという点を確認します。

リボ払い専用なのに、一括払い??と思う方もいるかもしれませんが、リボ払い専用カードの中にも支払い額を上限なく設定できたり、全額支払いをするという設定を許しているカードがあります。

これができればリボ払い手数料はかからないので通常のクレジットカードとの比較が可能になります。通常は全額払いにしつつ、支払いが苦しい時は一定額に設定してという賢い利用の仕方もできるようになります。

リボ払い専用カードを選ぶ時には必ずこの点を確認するようにしましょう。JCBのリボ払い専用カードである「JCB EIT」やリボ払い専用カードではありませんが、三井住友VISAカードのリボ払い「マイペイすリボ」はすべて全額払いの設定が可能です。

全額払いができれば安心なので、あとはカードの機能を比較していきましょう。


還元率を確認する

リボ払い専用のカードであっても通常のクレジットカードと同様、カードのスペックを確認して自分に合っているかを確認します。

まずは還元率を確認します。還元率はカードを利用した額に対して、どの程度ポイントやキャッシュバックなどの還元があるかということを表す指標です。

還元率と年間の還元額を比較します。この時リボ払い専用カードだけの比較ではなく、他のクレジットカードと同じ条件で比較をします。

ただ結論としてはリボ払い専用カードはJCB EIT以外はおすすめできません。
リボ払い専用カードは一般のクレジットカードよりもよいサービスのものがあるといわれていますが、還元率を比較してみるとそんなにサービスがよいカードは多くありません。さらに全額払いが設定可能かという点で見るとJCB EIT一択になります。

なお、JCB EITの還元率は基本1%。前年利用額が50万円以上で1.1%、100万円以上で1.2%となりかなりの高還元となります。


年会費を確認する

還元率を確認したら、次に年会費を確認します。これも通常のクレジットカード選びの手順と同じですね。先に計算した自分の利用額の場合の還元額から年会費を差し引いて年間のお得額を算出しましょう。

当サイトで唯一おすすめできるリボ払い専用カードのJCB EITは年会費永年無料です。


付帯サービスを確認する

還元額、年会費を確認したら付帯サービスを確認しましょう。この点も通常のクレジットカードの比較と同じです。

ちなみに当サイトで唯一おすすめできるリボ払い専用カードのJCB EITは年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償されます。還元率が最大1.2%、年会費無料で付帯保険付と通常のクレジットカードではありえないサービス水準でかなり優秀です。


入会特典を確認する

最後に入会特典を確認しましょう。

これも通常のクレジットカード選びと同様で、入会特典だけでカードを決めるのは後で後悔することになりますが目当てのクレジットカードでお得な入会特典が実施されているときには見逃さないようにしましょう。


まとめ

リボ払い専用カードの選び方について考えました。

今回説明した内容をまとめると以下の通りです。

  • リボ払いの注意点
  • リボ払い専用カードをあえて作る必要はない
  • 一括払い、全額払いができるか確認する
  • 還元率を確認する
  • 年会費を確認する
  • 付帯サービスを確認する
  • 入会特典を確認する

結論としては、リボ払い専用カードだから作るということはありえず、カードを比較して見つかったカードがリボ払い専用であった時には必ず全額払いが可能なクレジットカード化を確認するようにしましょう。

ただ、普通に比較していればJCB EIT以外のリボ払い専用カードに出会うことはないと思います。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ