電子マネー付クレジットカードの選び方とポイント

公開日:2015年10月12日

クレジットカードと電子マネーは相性がよく、両方利用している人も多くいます。

そんな状況からかクレジットカード会社もクレジットカードに電子マネーの機能を搭載した電子マネー一体型のクレジットカードの発行をはじめています。

両方持っている人にとっては財布の中が1枚のカードですみ、省スペースになるというメリットがあります。

そんな電子マネー一体型のクレジットカードの選び方について考えていきます。

電子マネー一体型かどうかで本体カードを決めない

いきなりネガティブですが、電子マネー一体型カードを探すときに、電子マネー一体型カードかどうかという点を第一条件にして探すのはおすすめしていません。

というのも、電子マネー一体型のクレジットカードといっても実際はクレジットカードと電子マネーが一つのカードになっただけで特別な優遇や機能に差があるわけではありません。

そのためあくまでクレジットカードは本体カードの機能で決めることが重要です。電子マネー一体型のカードがないので、本体カードを別のカードにしてしまっては元も子もありませんので、電子マネー一体型カードだからという理由で本体カードを決めないようにしましょう。

まずは自分にあった本体カードを比較して選びましょう。


対応電子マネーを確認する

本体カードが決まったら電子マネー一体型のクレジットカードがあるか、また対応している電子マネーを確認します。

必要な電子マネーがなければ一体型クレジットカードはあきらめて、電子マネー単独で発行するか、年会費無料の電子マネー一体型のカードをサブカードとして持つようにしましょう。


まとめ

電子マネー付クレジットカードの選び方について見てきました。

まとめるとポイントは以下の通りです。

  • 電子マネー一体型かどうかで本体カードを決めない
  • 対応電子マネーを確認する

結論としては電子マネー付のクレジットカードは電子マネーで選ぶのではなく、本体カードをしっかり選んで、そのカードに電子マネー一体型のカードがあればラッキーという感覚で良いと思います。

電子マネー部分機能自体は変わらないので必要であれば単独で電子マネーを作るか、電子マネー一体型のカードをサブカードとして作りましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ