コンビニ決済(収納代行)はクレジットカードで支払える?

公開日:2015年11月12日
最終更新日: 2016年9月5日

クレジットカード コンビニ 収納代行

ネットショッピングなどをしていると、支払方法としてコンビニ払いがあり、選択すると後日払込用紙が届いてそれをコンビニのレジに持って行って支払うことになりますが、この時のコンビニでの支払いをクレジットカードでしたいと思ったことありませんか?

何でも現金で支払うよりはクレジットカードで支払った方がポイント分だけ得をすることになりますので、現金で支払っているものはなるべくクレジットカードで支払いたいですよね。

コンビニ決済(収納代行)のクレジットカード払いは基本不可

  • コンビニ決済の支払をクレジットカードで行うことは基本できない

しかし、コンビニ決済のレジでの支払いをクレジットカードで行うことはできません。

コンビニ決済のクレジットカード払いは基本不可といことですね。

コンビニに払込用紙を持っていて支払う方法は、収納代行と呼ばれ、他の会社の決済(料金の支払)をコンビニが代行して行うとしくみです。

コンビニは決まった収納代行手数料を差し引いて代行した会社に料金を渡します。

収納代行手数料はわずかですので、クレジットカード払いを許してしまうと、クレジットカード会社に支払う決済手数料がもらえる収納代行手数料を上回って赤字になってしまうため、コンビニとしても対応ができないのですね。

大手コンビニでは同じ理由で収納代行の他に切手やはがき、金券類などの購入時の支払もクレジットカード払いができません。

例外はファミマTカードとセブンイレブンのnanaco払い

例外的に収納代行の支払に使えるクレジットカードがファミリーマートファミマTカードの組み合わせです。

ファミマTカードでお得に支払う

famima

ファミリーマートでファミマTカードを利用した場合に限り、払込用紙などでコンビニ払いをする時にクレジットカードを利用することができます。

ファミマTカードはその名の通り、ファミリーマート自身が発行しているクレジットカードですので、クレジットカードの決済手数料がファミリーマートから外部に支払う必要がなく、その分お客の利便性が上がることを優先してカード払いを認めているのでしょう。

ファミマTカードはファミリーマートをお得に利用する上では必須とも言えるお得な特典があるカードですので、ファミマをよく利用する人はサブカードでも持っておいた方が良いカードです。

収納代行の支払いにも利用できる点はさらに利便性が高まりますので、ファミマが生活圏内にあってよく利用する人は作っておきたいですね。

ファミマTカードの詳細を見てみる


nanaco払いで間接的にクレジットカード払いをする

nanaco3

電子マネーのnanacoもコンビニで収納代行の料金が支払うことができます。

nanacoはセブンイレブンが発行しており、大手コンビニではセブンイレブンでしか利用することができない電子マネーですので、必然的にセブンイレブンとnanaco払いの組み合わせのみとなります。

ファミマTカードとの違いとして、nanaco払いの場合にはファミマTカードで支払えない税金類も支払うことができます。そのため税金をお得に支払う唯一の方法といえます。


nanacoは普通に利用すると200円利用ごとに1ポイントのnanacoポイントがたまり、1ポイント1円でnanacoにチャージできますが、収納代行で支払う場合はポイントがたまりません。

ですが、nanacoにチャージをしてポイントがたまるクレジットカードからチャージすることで、クレジットカードのポイントをゲットすることができます。

間接的にクレジットカード払いしているようなものになりますので、nanaco払いをする際にはnanacoにチャージしてポイントがたまるクレジットカードを作る必要があります。

nanacoにチャージしてポイントがたまるクレジットカードにはリクルートカード、セブンプラスカード、楽天カード(JCBのみ)、YahooJAPANカード(JCBのみ)などがあります。

リクルートカードの詳細を見てみる

セブンカードプラスの詳細を見てみる

楽天カードの詳細を見てみる

Yahoo! JAPANカードの詳細を見てみる

sevencardplus2

特におすすめなのはセブンイレブンが発行しているセブンプラスカードで、セブンイレブンで還元率が上がり、毎月8日18日28日はイトーヨーカドーで5%割引になるセブン&アイグループを利用している人にお得がたくさんあるカードです。

nanacoへのチャージはポイントがつかなくなるように改悪がされるカードが多く、今ポイントがついていても来年はどうなるかわからない状況ですので、nanacoと同じセブン&アイグループが発行しているカードで改悪のリスクが低いであろう点も魅力的です。

セブンイレブンを利用する人はぜひ持っておきたいカードですので、nanacoでの税金支払用に作っておくと良いでしょう。

セブンカードプラスの詳細を見てみる


このようなコンビニでの収納代行を現金以外の方法で支払う方法はお得ですし、いきなりコンビニ払いを利用することになった時も利用することができるので、ファミマTカードかnanacoでの支払ができるようにクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

————————-
【追記】
WAONでもミニストップで公共料金の支払ができるようになりました。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ