車検代(法定費用)をクレジットカード払いする方法と注意点

公開日:2015年11月8日
最終更新日: 2016年9月29日

car

クレジットカードで得をするためには、できるだけ還元率の高いカードを使って、なるべく多くの金額をクレジットカードで支払うことです。

そのため・・・

2年ごとにやってきて負担額も大きい「車検費用」をカード払いしたいと考える人は多いでしょう。

車検代はクレジットカードで支払うことができるのか、また最も得する車検代金の払い方はどうすれば良いのか見ていきたいと思います。

車検代はクレジットカード払いにすることができる?

  • 車検基本料:車検費用、整備費用、部品代
  • 法定費用 :自賠責保険料、重量税、印紙税、リサイクル料金

車検代でクレジットカード払いできるのは車検基本料のみ

クレジットカード 車検

車検代は車検をどこで受けるかに関わらず、多くのお店でクレジットカード払いをすることができます。

ただし、クレジットカードで支払可能となっているお店のほとんどでは車検代のうち車検費用整備費用部品代などの法定費用を除いた車検基本料のみクレジットカード払いができます。

つまり、法定費用分をクレジットカード払いできるお店はほとんどありません。

車検代には「車検基本料」と「法定費用」があります。

車検基本料は車検費用や整備費用、部品代などです。

法定費用は自賠責保険の保険料、重量税、印紙税、リサイクル料金などです。

車検代のうち法定費用が大部分(6割から7割)を占めるため、法定費用分をクレジットカードで支払えないということはクレジットカードで得することができる金額はかなり限られてきます。


カード払いできるかどうかにとらわれすぎない

  • 法定費用をカード払いできるお店は車検代が高いことが多い
  • 現金払いをして割引を交渉する方法もある
  • カード払いする時は高還元カードを利用する

法定費用をカード払いできるお店は車検代が高いことが多い

ほとんどのお店で法定費用分をクレジットカード払いできないということは、逆に一部の店舗では法定費用分も含めて全額クレジットカード支払いが可能です。

大手ではありませんが、小さなお店ディーラーを代理店にして車検を受ける場合などは法定費用分もクレジットカード決済が可能になります。

それではクレジットカード払いができるそれらのお店を利用すればよいかというと、答えはNoです。

erabikata

一部クレジットカード払いをできるお店やディーラーがありますが、そのような業者は車検代自体が高額であるという別の問題があります。

車検代をクレジットカード払いする目的は、あくまで車検のコストを最小限にすることです。クレジットカードのポイント還元を受けてもそれ以上の車検代を支払っていては本末転倒になってしまいます。

クレジットカードのポイント還元も含めた車検の総コストで最もお買い得な車検屋を利用するべきで、クレジットカード払いができるかどうかにとらわれすぎてはいけません。

そのため複数のお店の車検料金を比較して、クレジットカード払いができるかはあくまで一つの要素として「どこが一番お得か」比較するようにしましょう。

近くの車検費用が安いお店の検索、見積もりはこちらでできます。ネット経由だと車検基本料が最大82%割引になる特典があります。

近くの安い車検ができるお店を探す


現金払いをして割引を交渉する方法もある

money3

また車検代はお店との交渉が結構ききますので、クレジットカード払いでなく現金払いとすることを材料に車検代そのものを安くしてもらった方が得することが多いです。

クレジットカードのしくみの記事で紹介していますが、クレジットカード払いをするということはお店はクレジットカード会社に3%から5%の加盟店手数料を支払っています。

逆に考えると、お客が現金で払うとクレジットカード会社に加盟店手数料を支払わずに済みますので、その分の金額を割引してくれるということは大いに考えられます。

クレジットカード払いしたことによる還元はどんなに高くても2%程度ですので、割引をしてもらった方が得をするしくみがわかると思います。

このように考えると、車検代については法定費用分のクレジットカード払いが可能かどうかにはこだわりすぎずに、車検代をもとにどの業者を利用するか決めて、クレジットカードのポイント還元については車検基本料のみの還元でしっかり得をしていくというのが良いでしょう。


カード払いする時は高還元カードを利用する

車検 クレジットカード

なお、車検基本料だけでも数万円になりますので、クレジットカードの還元額は高額になります。

なるべく還元率の高いカードを利用することが車検代の還元を高める方法ですので、年会費無料の中で最も還元率の高いリクルートカードなどの高還元カードを利用して支払うのがおすすめです。


まとめ

車検代をクレジットカードで支払う方法やお得に車検をする方法を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 車検代をカード払いできる店はある
  • 車検費用の総額を比較してお得な店を選ぶ
  • カード払いするなら還元率の高いカードで支払う

法定費用を含めた車検代のクレジットカード払いに対応しているお店はありますが、そのような店は車検費用にカード手数料分を上乗せしていることもあり、車検費用の総額が高くなってしまうことも多いです。

クレジットカード 車検

車検をお得にしたいなら、複数のお店の車検費用を比較して、最も安い車検店を選ぶのが一番です。クレジットカードでポイントがつくよりも車検費用の総額を安くした方が得する金額は多くなります。

ネット限定で整備付き車検の車検基本料が82%も安くなることがありますので、ポイントの1%や2%分は吹っ飛ぶほど得することができます。

車検費用は「ネット予約」で「複数店を比較」することで確実に安くなります。

車検費用を安くしたい人は、車検見積もりサイトや比較サイトなどをぜひ一度利用してみてください。


おすすめ車検費用一括見積もりサイト

  • EPARK車検

    利用者急増中の人気サイト!当サイトイチオシです。

    全国の1,900を超える車検業者から一括見積もりを取ることができ、整備付き車検の車検基本料が最大で82%割引になる独自の特典で人気を集めています。

    同じ店舗で予約をしても、EPARK車検経由の予約が断然お得です。

    安く車検をしたい人は、まずEPARK車検で見積もりを取ってみることをおすすめします。

    車検 クレジットカード

  • ホリデー車検

    知名度の高いホリデー車検は、利用者に整備箇所や方法を説明してから整備に入る誠実な対応が評判です。

    一括見積もりではありませんが、安く車検をしたいならホリデー車検の見積もりも取って比較することをおすすめします。

    車検 クレジットカード

  • カーセンサー車検

    自宅近くの車検店舗を調べて見積もりが取れる車検見積もりサイトの老舗です。

    ガソリンスタンド車検専門店を中心に検索することができ、比較して安い車検店を見つけることができます。

    車検 クレジットカード


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ