発行、郵送されたカードを受取れなかったときの対処方法

公開日:2015年10月15日

クレジットカードの申し込みや審査を経て、無事にクレジットカードが発行されると、発行されたクレジットカードが本人確認書類に記載された住所に送付されることになります。

郵送になるので、せっかくカードが送付されたのに受け取れないという場合もありますので、発行されたクレジットカードを受け取れなかった場合の対処方法を見ていきたいと思います。

クレジットカードを受け取れなかった時の対処方法

  • 配送業者へ再配達してもらう
  • カード会社へ再配達してもらう
  • クレジットカードの再申し込み(再発行)をする

基本はすぐに再配達依頼

発行されたクレジットカードを受け取れなかった場合、初回配送日から経過した日数によって対応が異なってきます。

配送からあまり日が経っていなければ配送業者へ再配達の依頼をすることで、問題なく受け取りをすることができます。

再配達が可能な日数は配送業者によって異なり、佐川急便であれば2週間、郵便局であれば10日間の保管期間以内であれば再配達が可能になっています。

詳細は配達業者の不在通知に記載されていますので確認することができます。

■配送業者の再配達が可能な期間

配送業者 保管期間
佐川急便 初回配達から14日間
郵便局 初回配達から10日間

カード会社でも一定期間保管してくれる

配送業者の再配達可能な期間が過ぎると、カードは荷主であるクレジットカード会社に返送されます。こうなると配送業者に依頼をしても再配達はできません。

クレジットカード会社にカードが返送されてしまっても、一定期間はカード会社でクレジットカードが保管されます。保管期間中にカード会社に連絡をすれば再発送の手続きを取ってくれますので、配送業者の再配達期間が過ぎてしまったら急いでカード会社に連絡をするようにしましょう。

クレジットカード会社での保管期間は会社によって異なりますが、1か月を過ぎるとカードを廃棄してしまうカード会社もありますので、なるべく早めにカード会社へ連絡をするようにしましょう。


保管期間を過ぎると廃棄されてしまう

カード会社の保管期間を過ぎてしまうとカードは廃棄されてしまいますので、以降に連絡をしてもカード会社の手元にもカードはないので再発送はできなくなります。

その場合は、再発行になるのか再申し込みになるのかカード会社によって対応が異なりますので、やはりカード会社に連絡をして対応をしてもらうようにしましょう。

クレジットカード会社もカード利用促進につながりますので、カードを利用者に届けたいと思っています。そのため相談をすればなるべく受取ができるように対応してくれるので、相談をしてみると良いと思います。

とはいえ、いつか受け取れるだろうと適当な対応をしては、配送業者やカード会社にも迷惑をかけることになるので、受け取れなかったということはないように時間指定をするなどして確実に受け取るようにしたいですね。

カードが受け取れなかったことでクレジットヒストリーに傷がつくことはありませんが、仮に何度も再発行を繰り返していたりすると要注意客とみなされるかもしれませんので、きちんと受け取りをしたいですね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ