ネットショッピングでクレジットカードを利用する際の注意点

公開日:2015年10月17日

インターネット経由のショッピングは年々増加しており、ネットショッピングの決済方法で主流なのはクレジットカードですので、インターネットショッピングでクレジットカードを利用する機会もどんどん増えていくと思われます。

一方でネットショッピングでクレジットカードを利用する際に気を付けたいのは、カード情報を盗まれて不正利用をされることです。

飲食店などリアル店舗でカードを利用する時とは違う注意が必要ですので、見ていきましょう。

ネットショッピングでクレジットカードを利用する際の注意点

■インターネットショッピングでクレジットカードを利用する際の注意点

  • カード番号等の入力はセキュリティが確認された画面で行う
  • 契約内容を確認する
  • 契約先の情報を確認する
  • 海外の宝くじやギャンブルサービスは要注意

セキュリティの確認

インターネットショッピングでクレジットカードを利用する際に注意したいのはカード番号を漏らさないようにすることです。

インターネット上で情報を入力するとその画面から情報を盗まれる恐れがあります。そのためインターネットショッピングの購入画面では「SSL」という暗号技術を利用してセキュリティを高めています。

SSLは送信情報を暗号化して情報を盗み見られることを防止するセキュリティ技術で多くのサイトで利用されているセキュリティです。SSLが利用されているページはURLが「http://」ではなく「https://」となり、ブラウザによっては鍵マークが表示されます。

ネットショッピングの決済画面ではこの「https://」の画面となっているはずですので、購入する場合は必ず確認しましょう。カード情報を入力するのはセキュリティが確認された画面のみで行うものとして、通常のWEBサイトのページまたEメールなどでは絶対に情報を送らないようにしましょう。


契約内容の確認

また、契約内容を必ず確認するようにしましょう。インターネットショッピングでは契約内容に関するトラブルが多く発生しています。

「最初の月のみ無料」とか「初回お試し」などの契約で、2回目以降も継続して請求が来ることで身に覚えのない請求をされるケースがあります。

悪質な業者もいますが、利用者もよく確認せずに契約していたケースも多くありますので、そのようなことがないよう契約時に自分がこれからいくらの買い物をするのか、継続的に支払いをするのかなどを確認するようにしましょう。


契約先情報の確認

また、万が一のトラブルの時のために契約先の情報はきちんと確認するのも重要です。

契約先の会社名などを確認するだけでなく、連絡先がわかるようにメールアドレスや電話番号などを控えておくようにしましょう。ネット上の情報はいつなくなるかもわかりませんので、プリントアウトしておくのも良いと思います。


海外の宝くじやギャンブルサービス

最近では海外の宝くじやギャンブルサービスは特にトラブルが多くなっています。

インターネットやEメール経由で案内がされていますが、国内で認可を受けていないギャンブルは法律違反になるので、それらのサービスを利用すると違法行為となります。

知らずに利用したとしても利用者は罰せられますので、これらのサービスは利用しないように注意が必要です。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ