クレジットカードの店頭での本人確認の意味と効果

公開日:2015年10月17日

クレジットカードの不正利用が増えている背景もあり、最近は店頭でクレジットカード所有者かどうかの本人確認が行われる可能性があります。

クレジットカードの不正利用には利用者本人が気をつける予防方法を当サイトでも紹介していますが、クレジットカード会社や加盟店側でも対策を取っているのですね。

通常だとクレジットカードを読み込んでサインをすることになりますが、店頭での本人確認が行われるともうワンステップ入ることになります。

当然決済にかかる時間も増えることになりますが、セキュリティ上仕方のないことでもありますので、怒らずに本人確認が完了するのを待ちましょう。


クレジットカードの店頭での本人確認の意味

クレジットカードは偽造・盗難・紛失などによって不正利用のリスクにさらされています。不正利用があった場合は保険があるので、すぐにカード会社に連絡をすれば被害額は戻ってきます。

被害にあっても戻ってくることを考えると、加入者は不正利用による金額的な被害はありませんが、不正利用の分だけカード会社や保険会社に負担がかかります。

不正利用金額をクレジットカード会社が負担していれば経営を圧迫することになり、保険に加入していても被害が増えると保険料の負担が増加してクレジットカード会社の負担が増し、結果的にクレジットカード会社のサービスが低下する恐れがあります。

そのためクレジットカード会社や加盟店は不正利用を防ごうと様々な取り組みを行っていますが、その中の一つがクレジットカードの店頭での本人確認です。

■クレジットカードの店頭での本人確認の方法

  • 加盟店からクレジットカード会社へ電話連絡
  • クレジットカード会社から利用者へ本人確認

店頭での本人確認は、クレジットカードの利用者が本人であるか疑わしいときに加盟店はクレジットカード会社に電話で確認をすることがあります。その際にクレジットカード会社から利用者へ本人であることの確認を行うこともあります。

クレジットカード会社が持つ本人確認ができる情報をもとにカード利用者本人に直接確認をするので、不正利用をされている場合にも加入者本人かどうかがわかります。

加盟店が怪しいと思わないと本人確認がされないので、すべての不正利用を防ぐことができるというわけではありませんが、本人確認を行った際にはかなりの確率で不正利用を防ぐことができます。

確認には多少時間がかかりますが、不正利用を防ぐための取り組みですので、万が一自分が潔白の時に本人確認を受けた場合でも怒らず冷静に協力するようにしましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ