カードの磁気ストライプが読み取れない原因と対処方法

公開日:2015年10月15日

クレジットカードを利用していると、カードがうまく読み取れないことがあります。

これはクレジットカードの磁気ストライプがうまく読み取れないことによるもので、場合によってはカードを再発行する必要があります。

そこで本記事ではクレジットカードの磁気ストライプが読み取れない場合の対処方法を見ていきたいと思います。


クレジットカードの磁気ストライプ

そもそもクレジットカードの磁気ストライプとは何かわからない人も多いと思いますので、まずは磁気ストライプについて説明します。

クレジットカードの磁気ストライプは券面の裏面の黒い帯状のもので、黒い帯の中には磁性粒子という小さな物質があり、その中にデータを格納しています。

■クレジットカードの磁気ストライプのイメージ
jiki-stripe01
出典:wikipedia

利用する際にクレジットカードを通すと、カードリーダーはクレジットカードの磁気ストライプから磁気情報を読み取り、クレジットカードを認証して通信しています。

クレジットカードの他に預金通帳やIDカード、切符などでも磁気ストライプの技術を使っています。


磁気ストライプが読み取れない原因と対処方法

■磁気ストライプが読み取れない原因と対処方法

  • 店の読み取り機の故障:対応不要
  • クレジットカードの磁気ストライプの不具合:カードの再発行

クレジットカードの磁気ストライプが読み取れない原因は大きく分けて2つあります。

まずはお店の読み取り機が故障していてうまくカードの磁気情報が読み取れない場合です。これはお店側の問題ですので、自分のクレジットカードに問題があるとは言えないので特に対処する必要はありません。

読み取り機が故障しているのはそうないことですので、頻繁にカードの読取ができないという場合は読み取り機の故障以外の原因を疑った方がよいかもしれません。

読み取り機以外の問題で考えられるのは、カードの磁気ストライプが不具合を起こしている場合です。

上述した通り、磁気ストライプは磁性粒子にデータを持たせているので、近くに強い磁気があるものを近づけると不具合を起こしてしまう場合があります。

普通の磁石くらいではおかしくなることはないですが、最近のセキュリティシステムの中には強い磁気を利用しているものがあるので、その影響で磁気ストライプがおかしくなってしまうことがあります。

磁気ストライプが不具合を起こしてしまったら、自力で直すことは難しいので、基本的にはカードを再発行するしかありません。

カードの再発行は3日から10日程度で完了しますので、その間はサブカードを利用して過ごすかクレジットカードの利用は諦めましょう。クレジットカードでもカードが折れたり、故障したりして使えなくなる可能性があるのでサブカードは用意しておきたいですね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ