三井住友VISAエグゼクティブカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月19日

mitsuisumitomo-exective
三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴や還元率、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

エグゼクティブというと、いかにも富裕層が持つステータスカードのようですが、そのサービス内容はどのようなものなのでしょうか、見ていきましょう。

カードの主な特徴と評価点

■カードの評価点

mitsuisumitomo-exective
メインカード 6.0/10点
サブカード 5.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 3,000円(税別)
還元率 0.5%
特殊な還元 携帯電話、PHSの料金支払はポイント2倍還元
限度額 10~80万円
発行時間 最短3営業日
ブランド VISAMaster-Card
電子マネー idwaon


三井住友VISAエグゼクティブカードの評価

三井住友VISAエグゼクティブカードの使える点、良い点

  • 最大4,000万円の海外旅行傷害保険
  • 家族も付帯保険の対象となる
  • 医師へ24時間年中無休で無料電話相談できる

最大4,000万円の海外旅行傷害保険
三井住友VISAエグゼクティブカードは海外での利用に強い、旅行や出張などでアクティブな方におすすめのカードです。最大の特徴は付帯保険で、最大4,000万円の海外旅行傷害保険と最高3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯します。

家族も付帯保険の対象となる
さらに補償内容は若干異なるものの、家族も付帯保険の対象となるので、このカード1枚で家族旅行も安心して行くことができます。

カードを利用するとたまるポイントは1,000円ごとに1ポイント、ワールドプレゼントがたまり、キャッシュバックや他のポイントへの交換をすることができます。

医師へ24時間年中無休で無料電話相談できる
また医師へ24時間年中無休で無料電話相談できるドクターコール24も付帯していますので、健康面のサポートもばっちりです。年会費は初年度で次年度以降3,000円(税別)。出張や旅行など海外での活動が多い方におすすめのクレジットカードです。


結論(おすすめできるか)

結論:旅行が多い人は持っておくと良いかもしれないカード
三井住友VISAエグゼクティブカードは付帯保険が充実していて、家族も付帯保険の対象となるため、旅行が多いビジネスマンなどはメリットが多いクレジットカードです。

とはいえ、還元率は高いものではなく、年会費も2年目以降3,000円(税別)がかかりますので、お得度はいまひとつのカードです。三井住友VISAエグゼクティブカードをどうしても作りたい人以外は別のカードでも十分なので、高還元率のクレジットカードを使ったり、旅好きに嬉しい機能が充実しているJTB旅カードJMBなどを利用すると良いでしょう。

>>三井住友VISAエグゼクティブカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ