電子マネーiDの使える場所、ポイントが貯まるお店やお得な活用法

公開日:2015年11月5日

id2

コンビニや自動販売機などで利用できる場所が多いiDはドコモユーザの人で使っている人が多い後払い型の電子マネーです。

iDとはどのような電子マネーなのか、どこで使えるのか、またクレジットカードと組み合わせて活用する方法などを紹介したいと思います。

iDとは

  • レジでかざすだけで支払いができる
  • おサイフケータイやカードを持ち歩くだけでOK
  • 後払いなのでチャージ不要で利用できる
  • 利用することでポイントがたまる

iDはNTTドコモが運営している後払い型の電子マネーです。

利用可能な店舗のレジなどでかざすだけで支払いをすることができ、おサイフケータイやクレジットカードに搭載されているので持ち運びに便利で、お釣りのやり取りや小銭の持ち歩きが必要な現金と比べるとスマートかつスピーディに支払いができます。

またSuicaやnanacoといった電子マネーと比較すると、iDは後払い型の電子マネーであることが大きな特徴で、他のプリペイド型の電子マネーで事前に必要となるチャージ(入金)が不要である点も大きなメリットです。

支払いがスピーディにできると言われてもあまりメリットを感じづらいかもしれませんが、一度使うとやめられなくなる人が多く、使用することでこれまで小銭の支払いがいかにめんどうであったかを実感することができます。

さらに利用するだけで利用金額に応じたポイントもたまりますので、得をすることもでき、便利でお得な支払方法ですので、利用店舗での買い物が多い人はぜひiDで支払うことをおすすめします。


iDの種類

■iDの種類

  • おサイフケータイ
  • クレジットカード一体型

iDにはおサイフケータイに搭載させるタイプとクレジットカード一体型の2種類があります。

おサイフケータイはドコモが提供しているサービスですので、携帯電話にiDを搭載させるにはドコモの携帯電話でおサイフケータイ対応機種を利用する必要があります。

iPhoneはおサイフケータイに対応していませんので、ドコモを利用していてもiPhoneの人は携帯電話でiDを利用することはできません。

ドコモでない人やiPhoneを利用している人はクレジットカード一体型のカードを利用する必要があります。

iDとの一体型クレジットカードを発行できるカード会社は限られており、以下のカード会社のカードでiDを搭載させることができます。

  • DCMX
  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • クレディセゾン
  • ユーシーカード
  • オリエントコーポレーション
  • ライフカード
  • セディナ
  • ポケットカード
  • 大和ハウスフィナンシャル
  • VJAグループカード

DCMXはNTTドコモが運営しているカード会社で、利用することでドコモポイントがたまるカードですので、ドコモユーザの人はDCMXでカードを作ることを検討してみても良いですね。

上記のカード会社のすべてのカードでiD一体型カードが発行できるわけではありませんが、中でも当サイトおすすめのクレジットカードはサービスのバランスが良い三井住友VISAカードクラシックです。

  • 三井住友VISAクラシックカードの特徴と還元率

  • また18歳から25歳の人であれば三井住友VISAデビュープラスカードであれば年会費が無料ですので、さらにお得に利用できます。18歳から25歳の人は三井住友VISAデビュープラスカードを検討されると良いでしょう。

  • 三井住友VISAデビュープラスカードの特徴と還元率


  • iDの使える場所

    iDはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど日本全国の主なコンビニエンスストアや、イオン、ビブレ、マックスバリュなどのスーパー、マクドナルドや牛角、コカ・コーラの自動販売機などの大手チェーンなど多くの場所で利用することができます。

    特にコンビニはサークルKサンクスやミニストップなどほとんどのコンビニで利用することができ、コンビニをよく利用する人であればiD1枚で支払はすみます。

    • セブンイレブン
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • サークルKサンクス
    • ミニストップ

    飲食店もマクドナルドや牛角、コカ・コーラのほかに、ガストやバーミヤンやジョナサンなどのファミリーレストラン、和民や笑笑、甘太郎、安楽亭、白木屋など多くの居酒屋チェーン店で利用することができます。

    • マクドナルド
    • 牛角
    • ガスト
    • バーミヤン
    • ジョナサン
    • 和民
    • 笑笑
    • 甘太郎
    • 安楽亭
    • 白木屋

    その他に紀伊国屋書店やゲオ、ブックオフ、タワーレコード、ブックファースト、エディオン、ビックカメラ、コジマなどの小売チェーン店でも利用可能です。

    • 紀伊国屋書店
    • ゲオ
    • ブックオフ
    • タワーレコード
    • ブックファースト
    • エディオン
    • ビックカメラ
    • コジマ

    これらの店舗は利用可能なお店の一部ですが、それだけでも多くの店舗で利用可能であることがわかります。


    iDを使ってたまるポイント

    • iDを使うことでクレジットカードのポイントがたまる

    iDは便利に利用するだけでなく、利用することでたまるポイントがあります。それはクレジットカードのポイントです。

    iDは後払いの電子マネーですので、利用金額はクレジットカードの利用額と合算されます。これらの金額にはポイント還元があります。

    各クレジットカードのポイントがたまりますので、一概にいくら利用すればいくらポイントがたまるというのは言えませんが、それぞれのカードのポイントがたまります。

    ですので、iD搭載のクレジットカードの中から最も還元率の高いカードを選択することでお得を最大化させることができます。

    iDは小銭いらずで支払いをすることができるのが一番のメリットといえますが、使った分だけポイントがたまるのは大変お得なので、ぜひこれらのカードを使ってiDをお得に活用していきましょう。


    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ