アトレビューSuicaカードの特徴とメリット、デメリット

公開日:2015年11月23日
最終更新日: 2016年8月13日

atreview2
アトレビューSuicaカードの特徴や還元率、お得な利用場所などについてまとめています。

アトレビューSuicaカードはその名の通り、アトレで利用するとお得になるクレジットカードで、ビューカード、Suicaも一体になったカードです。年間数万円でもアトレを利用している人はぜひ作っておいた方が良いカードですので、サービス内容を見ていきましょう。

アトレビューSuicaカードの主な特徴と評価点

■アトレビューSuicaカードの評価点

atreview2
メインカード 6.5/10点
サブカード 8.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 477円(税別)
還元率 0.5%
特殊な還元 アトレクラブポイントが3倍たまる
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド VISA
電子マネー Suica


アトレビューSuicaカードの評価

アトレビューSuicaカードの使える点、良い点

  • アトレクラブポイントが3倍たまる
  • アトレでの利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる
  • JR東日本の乗車券、定期券、Suicaへのチャージでポイントが3倍
  • Suicaへのオートチャージが可能
  • 最高1,000万円の付帯保険
  • 初年度年会費無料

アトレクラブポイントが3倍たまる
アトレビューSuicaカードは利用することで、アトレの通常のポイントカード(アトレカード)で100円に1ポイントがたまるアトレクラブポイントが3倍たまるようになります。

つまり、アトレで利用することで100円で3ポイントのアトレクラブポイントがたまりますので、これだけで3%の還元率があります。

さらにアトレビューSuicaカードはどこで利用しても1,000円で2ポイント(5円相当)のビューサンクスポイントもたまりますので、アトレビューSuicaカードをアトレで利用すると3.5%の還元になります。

アトレでの利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる
またアトレでの年間利用金額に応じてボーナスポイントをもらうことができ、アトレで年間5万円以上を利用すると、ボーナスポイントとして500ポイントをもらうことができます。

年間5万円を利用する人であれば、アトレクラブポイントが1,500円分、ビューサンクスポイントが250円分、ボーナスポイント500円分をもらうことができ、合計2,250円分の還元で還元率にすると4.5%もの還元率になります。

JR東日本の乗車券、定期券、Suicaへのチャージでポイントが3倍
またアトレビューSuicaカードはビューカードでもありますので、JR東日本の乗車券、定期券、Suicaへのチャージでポイントが3倍たまります。

これらの利用分は1,000円ごとに6ポイント(15円相当)のポイントがたまり、還元率にすると1.5%となります。

Suicaへのチャージでもポイントがたまるので、Suicaが使える多くの場所で1.5%の高還元を受けることができるのと同じことになります。

なお、アトレでは電子マネー払いをすると100円ごとに1ポイントしかアトレクラブポイントがたまらなくなってしまうので、クレジットカード払いをした方が有利になっています。

  • Suicaの使える場所、ポイントが貯まるお店やお得な活用法

  • Suicaへのオートチャージが可能
    さらにビューカードですので、Suicaへのオートチャージも可能になっています。オートチャージはSuicaの残高が一定額以下になった時に自動的にクレジットカードからチャージをしてくれるサービスです。

    残高を気にする必要がなくなり、チャージをする手間も省けるので非常に便利なサービスです。

    現状、SuicaへのオートチャージはモバイルSuicaを除くとビューカードでしかできませんので、Suicaを便利に使いたい人はビューカードを1枚持っておきたいですね。

  • Suicaのオートチャージができるクレジットカード
  • モバイルSuicaにチャージする方法とチャージできるクレジットカード
  • 電子マネー内蔵型カードのメリットとオートチャージ

  • 最高1,000万円の付帯保険
    さらにアトレビューSuicaカードは最高1,000万円の国内旅行傷害保険、最高500万円の海外旅行傷害保険が付帯しますので、旅行中に万が一のことがあった時に補償をしてもらうことができます。

    海外旅行傷害保険はクレジットカードを持っているだけで補償がされますが、国内旅行傷害保険は旅行代金をアトレビューSuicaカードで支払った時にのみ補償がされる利用付帯というしくみになっていますので、旅行時には注意が必要です。

    初年度年会費無料
    アトレビューSuicaカードの年会費は税別477円ですが、初年度は無料で利用することができます。

    アトレクラブポイントの上乗せ分が2%もあるので、年間2万5千円程度の利用があれば還元の上乗せだけで年会費以上のお得を得ることができますので、あまり利用額が少ない人でもアトレを利用する人であればぜひ持っておいた方が良いカードといえます。


    アトレビューSuicaカードの使えない点、悪い点

    • 2年目以降は年会費が必ずかかる
    • アトレ、Suicaチャージ以外の還元率は高くない

    2年目以降は年会費が必ずかかる
    アトレビューSuicaカードのデメリットは、2年目以降に年会費が必ずかかる点です。

    年会費は税別477円と高くありませんが、ビューカードの中にはビックカメラSuicaのように年会費がほぼ無料になるクレジットカードがありますので、年会費を払うことなくビューカードを持ちたい人はビックカメラSuicaを作ると良いでしょう。

    アトレ、Suicaチャージ以外の還元率は高くない
    またアトレビューSuicaカードはアトレで3.5%、JR東日本の乗車券、定期券、Suicaへのチャージでは1.5%の還元がある高還元カードですが、これ以外の一般加盟店での利用時には0.5%の還元率となっています。

    0.5%の還元率というのは一般的なクレジットカードの水準ではありますが、高還元とはいえませんので、アトレ、JR東日本、Suicaチャージ以外で利用する際には他の高還元カードを利用するのが賢明です。


    結論(おすすめできるか)

    結論:アトレを利用する人は間違いなくお得なカード
    アトレビューSuicaカードはアトレで3.5%の還元があり、利用金額に応じてボーナスポイントももらえるクレジットカードで、アトレを利用する人は間違いなくお得になるカードで作っておいた方が良いです。

    Suicaチャージでもポイントが貯まる点も魅力的ですが、年会費がかかるカードなので、Suicaチャージ専用のカードとして利用する場合は年会費無料となるビックカメラSuicaを利用すると良いでしょう。

    アトレでの利用については年25,000円以上あれば年会費以上にお得になるので、該当する人はぜひ作っておきましょう。アトレ、Suicaチャージ以外の還元率は高くないので、アトレ、Suicaチャージ用のサブカードとして使うのがおすすめです。

    >>アトレビューSuicaカードを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ