P-one FLEXYの還元率とおすすめポイント、注意点

公開日:2015年10月20日

p-one-flexy2
P-one FLEXYのカードの特徴や還元率、おすすめな人やカードを作る際の注意点などを紹介しています。

P-one FLEXYリボ払い専用カードですので、還元率だけでなくリボ払いのしくみなども理解した上で申し込みをする必要がありますが、実際作った方が良いのかどうか見ていきましょう。

P-one FLEXYの主な特徴と評価点

■P-one FLEXYの評価点

p-one-flexy2
メインカード 6.0/10点
サブカード 6.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 1%
特殊な還元 請求時現金割引
限度額
発行時間 最短7営業日
ブランド Master-Card
電子マネー


P-one FLEXYの評価

P-one FLEXYの使える点、良い点

  • 請求時1%割引で還元
  • 月々の支払額を自由に設定可能
  • 年会費永年無料

請求時1%割引で還元
P-one FLEXYは年会費無料で請求時自動1%還元のP-oneカードのリボ払い専用カードです。1%の還元は請求時に自動で割引になるので、ポイントの使い忘れなどがなく、ポイントをためるのが面倒な人にはぴったりのクレジットカード。食事や買い物だけでなく、携帯電話料金や電気・ガスなどの公共料金等、すべてが1%割引になります。

ポイントをためて特典と交換するタイプのクレジットカードと比べると、交換の手間がある点や、交換単位や最低交換ポイントが決まっていて期限もあるため、ポイントのすべてを使い切れないケースがよくありますが、請求時割引だと無駄なくすべて還元を受けることができますので、数字以上にお得感を感じることになります。

月々の支払額を自由に設定可能
P-one FLEXYの特徴は若い人に人気のリボ払い専用なこと。最低支払額以上であれば、月々の支払額を自由に設定できます。

年会費永年無料
年会費はもちろん無料で、オトクに高還元をゲットしつつ、自由度の高い支払いをしたい方向けのクレジットカードです。


P-one FLEXYの使えない点、悪い点

  • リボ払い専用カードである

リボ払い専用カードである
本カードはリボ払い専用カードです。リボ払いは毎月の支払い額を自由に設定できるメリットがありますが、支払いが済んでいない残高には毎月金利がかかり、最終的な返済金額の総額は一括払いを続けた人よりも多くなります。

リボ払いは借金が膨らむ原因となり、クレジットカード会社の収益源ともなっていますので、利用者としては避けるのが賢明です。しくみを理解した上で利用するのであれば問題ありませんが、しくみがよく分からない人はリボ払い専用カードは避けるようにしましょう。


結論(おすすめできるか)

結論:リボ払い専用カードで避けるのが賢明
P-one FLEXYは年会費永年無料で還元率1%の優秀なカードですが、リボ払い専用カードである点がネックです。リボ払いでも構わないという人であればおすすめですが、普通の人はリボ払いは支払総額が増えるのでおすすめできません。

年会費永年無料で1%還元であれば楽天カードなどほかのカードもありますので、年会費無料でできるだけ高還元を受けたいという人は楽天カードを検討した方がおすすめです。

>>P-one FLEXYを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ