SKYPASS JCBカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年11月2日

skypass-jcb-ippan
SKYPASS JCBカードの特徴や還元率、たまるマイルやメリット、デメリットをまとめて紹介しています。

お隣の国韓国の大韓航空のマイルがたまるカードですので、利用したい人も多いと思います。サービスの内容や評価をチェックしていきましょう。

SKYPASS JCBカードの主な特徴と評価点

■SKYPASS JCBカードの評価点

skypass-jcb-ippan
メインカード 7.0/10点
サブカード 4.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 1,250円(税別)
還元率 1.5%
特殊な還元
限度額
発行時間 2週間程度
ブランド JCB
電子マネー quickpay


SKYPASS JCBカードの評価

SKYPASS JCBカードの使える点、良い点

  • 大韓航空のマイルがたまる
  • 大韓航空の航空券へ交換可能
  • 最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • 初年度年会費無料

大韓航空のマイルがたまる
SKYPASS JCB一般カードは大韓航空のマイレージプログラムであるスカイパスのマイルがたまるクレジットカードです。

SKYPASS JCBカードでの支払い100円ごとにスカイパスのマイルが1マイルがたまります。その他大韓航空のほか提携航空会社の飛行機に搭乗することでマイルがたまります。

大韓航空の航空券へ交換可能
たまったマイルは大韓航空の航空券へと引き換えすることが可能で、ショッピングでマイルをためて海外旅行に行くことができます。

最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
さらに最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているので、海外旅行時に万が一のことがあっても安心です。

初年度年会費無料
年会費は初年度無料で次年度以降税別1,250円がかかります。大韓航空のマイルを貯めたい方におすすめできるクレジットカードです。


SKYPASS JCBカードの使えない点、悪い点

  • たまるマイルが大韓航空のマイル
  • 2年目以降年会費がかかる

たまるマイルが大韓航空のマイル
SKYPASS JCBカードは大韓航空のマイルがたまるので、大韓航空のマイルをためている人にとっては大きな魅力ですが、利用していない人にとってはメリットがありません。

JALやANAのマイルをためている人は別のカードを検討するのが良いでしょう。

  • JALマイルがたまるクレジットカード
  • ANAマイルがたまるクレジットカード

  • 2年目以降年会費がかかる
    またSKYPASS JCBカードは初年度の年会費は無料ですが、2年目以降税別1,250円の年会費がかかります。月に100円程度ですので、高額の負担とは言えませんが、年会費がかかるのをいやがる人も多いので、そのような人には向いていないカードといえます。


    結論(おすすめできるか)

    結論:韓国との行き来が多い人におすすめ
    SKYPASS JCBカードは大韓航空のマイルがたまるカードですので、韓国に出張や旅行でよく行く人におすすめのクレジットカードといえます。

    お隣の国でもありますので、行き来している人も多く大韓航空のマイルをためている人にとっては貴重で良いカードといえます。還元率も1.5%と高く、年会費も初年度無料ですので、大韓航空のマイルをためている人にはおすすめです。

    >>SKYPASS JCBカードを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ