法人カードのメリットとポイントがつくかどうか?

公開日:2015年10月6日

法人カードとは株式会社などの法人に向けたカードのことで、その会社の従業員向けのカードや企業経営のサポートとなるようなクレジットカードを各社提供しています。

法人カードといっても個人事業主など一部の個人もカードを作ることができるの事業者向けのカードといったほうが正しいかもしれません。

個人向けのクレジットカードが買い物などの個人の生活において発生する支払ができるカードになっているのに対して、法人カードは経費などの会社に関連した支払いをするためのクレジットカードです。


法人カードのメリット

法人カードの最大の役割は会社の経費の支払いを行うことです。会社で日々発生する経費は法人カードなどがないと、通常は社員が立て替えて後で精算というのが一般的でしょう。

これは社員にも負担をかけるようになり、のちの精算の業務もあり業務上非効率な部分でもあります。

法人カードを利用することで、社員に一時負担を強いることなく経費の支払いができ、かつ経理業務も明細をチェックするだけなので大幅に効率化できます。

このほかにも法人カードはゴールドやプラチナが中心であることから各種付帯サービスも充実しています。空港のラウンジサービスや飛行機の手配などをしてくれるコンシェルジュサービスなどゴールドカード以上で受けられるリッチなサービスを利用することができます。


法人カードにポイントはつくか?

クレジットカードの魅力はお得なポイント制度ですが、法人カードにはポイントがつくのでしょうか?

結論から言うと、法人カードでも一部のカードではポイントはつきます。

最近は色々なクレジットカード会社が法人カードを出しているので、競争からかポイントがつく法人カードも多いようです。

ポイントがつくことで経費削減につながりますので、つくにこしたことはなく、法人カード選びは一般の個人用クレジットカード同様、ポイントの還元率がクレジットカード選びの大事なポイントの一つになりますね。


法人カードのポイントは誰のもの?

法人カードは利用するのは社員ですが、その料金を支払うのは会社ですので、当然クレジットカードについたポイントは会社のものです。

社員がポイントをもらうということは基本的にはできないのですね。

多くの法人カードでは、子カードである社員が利用する法人カードの利用でたまったポイントであっても、親カードの法人カードにポイントがたまるようになっています。

また、ポイントを使うのは各法人ですので、法人カードのポイントはアスクルなどの事務用品購入に使えたり、法人がうれしいポイントの使い道を用意しているようです。

直接的な経費削減につながるよう、キャッシュバックを提供している法人カードもあります。

法人カードはこのように業務効率化だけでなく、経費削減に直接的につながるものでもありますので、便利でお得になるカードを選びましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ