リボ払い専用カードやコースに変更された場合の対処法と予防

公開日:2015年10月15日

クレジットカードの支払方法は利用した翌月に一括で支払いをする一回払いや、何か月かに分けて支払う分割払いが主流ですが、利用残高に関わらず毎月決まった金額を支払っていく「リボ払い」という支払方法があります。

いくらショッピングをしても毎月決まった金額を支払うので、計画が立てやすくて良いと考える人もいますが、支払金額を超えた残高は翌月以降に持ち越され、残高に応じて金利がつくため残高はさらに増え、最終的にクレジットカード会社に支払う金額は多くなります。

結局、利用した金額の支払いを待ってもらう代わりに金利を支払う仕組みなので、当サイトでは利用を推奨していません。

最近クレジットカード会社がリボ払いに力を入れていることもあり、多くのクレジットカードではリボ払いを選択できるようになっており、中にはリボ払いしかできないリボ払い専用カードもあります。

リボ払いをしたくない人はリボ払い専用カードは作ってはいけないカードですが、あまり説明を受けずにカードを作ったらリボ払い専用カードだったというトラブルも発生しています。

ここではリボ払い専用カードを作ってしまったと気づいた時や気付いたらリボ払いコースに変更されていた場合の対処方法を紹介します。


リボ払い専用カードだと気付いた場合の対処法

  • 早期繰上げ返済をする
  • 別のカードを作る

リボ払いの残高は、支払いを待ってもらっているお金で借金と同じなので、リボ払い専用カードだと気付いたら一刻も早く残高をすべて返済する必要があります。

リボ払いの場合は1日経過するごとに金利手数料が上乗せされていくので、お金があるなら早く返済することが重要です。

クレジットカードには早期繰上げ返済という毎月の支払以外に利用残高分の金額を返済することができる制度があります。手数料がかかる場合もありますが、早期繰上げ返済が可能かどうかカード会社のコールセンターに相談すると良いでしょう。

早期繰上げ返済は、カード会社が指定する銀行口座に振込をすることで行うことが多いようです。

早期繰上げ返済等によってリボ払い残高を0にしても、リボ払い専用カードをまた利用すると残高ができて金利が発生してしまいますので、リボ払いで余計な金利手数料を支払いたくないという人は新しいクレジットカードを作ってリボ専用カードを利用するのはやめましょう。

次にカードを作る際は、申し込み時にそのカードがリボ払い専用カードでないことをきちんと確認するようにしましょう。

なお、リボ払い専用カードの中でもJCB EITのように残高分の全額を支払うことができるリボ専用カードもあります。残高を全額支払っていれば一回払いをしているのと同じことになります。

リボ払い専用カードは還元率が高かったり年会費がお得なことも多いので、実質1回払いができるリボ専用カードをあえて利用することでお得を得ることもできます。


気付かずにリボ払いコースに変更されていた場合

  • 気付かずにリボ払いコースに変更されていた時は、すぐに支払コースを一括や分割に変更する

リボ払い専用カードでない普通のクレジットカードの場合も支払方法の初期設定がリボ払いとなっていることもありますので、クレジットカードを作ったら利用明細などを確認する際はまず支払方法を確認するようにしましょう。

もしリボ払いコースになっていた場合は、WEB上やコールセンターから支払方法の変更をして、通常の一括や分割払いの設定にしましょう。

また、JCBの支払い名人、三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボなど実質的にはリボ払いでもサービスの名称が違っている場合がありますので、そのようなサービスに加入していないかを確認することも重要です。

不安な方はカード会社のコールセンターに連絡をしてリボ払いになっていないか、リボ専用カードではないかを改めて確認すると安心です。

リボ払いは近年トラブルとなることが増えていますので、「自分の身は自分で守る」意識でカード申込時の表記やカードのサービス内容は契約前に入念に確認するようにしましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ