カード番号をはじめとした個人情報を犯罪者が狙う理由

公開日:2015年10月15日

クレジットカードを利用する上で恐ろしいのは個人情報を盗まれることによる不正利用です。

当サイトでもいくつかその手口を紹介していますが、利用者自身から情報を盗むこともあれば企業のデータベースから盗み取られることもあり、気を付けることは重要ですが完全に防ぐことは難しい状況です。

クレジットカード番号は犯罪者のターゲットとなりやすいものですが、犯罪者の狙いは盗んだクレジットカード番号を使って不正利用するだけではありません。

なぜクレジットカード番号をはじめとした個人情報を犯罪者が狙うのか、その理由をいくつか見ていきたいと思います。

クレジットカード番号をを犯罪者が狙う理由

  • ネットショッピングで不正利用をするため
  • 偽造カードを作って不正利用をするため
  • カード情報を売却するため
  • 企業のセキュリティを破るため

ネットショッピングや偽造カードによる不正利用目的

クレジットカード番号を犯罪者が狙う理由はいくつかありますが、主な目的はやはり直接ネットショッピングで不正利用をするためです。クレジットカードはカード番号を入力するだけでインターネット上で買い物ができる非常に便利なものですが、簡単さゆえに犯罪者にカード番号を盗まれた場合も簡単に不正利用をされてしまいます。

ネットショッピングで不正利用をするのはクレジットカード番号を盗む理由として真っ先に思い浮かぶものですが、カード番号で直接不正利用をするほかに、盗んだカード情報を利用して偽造カードを作って不正利用をするのも多い悪用方法です。

ネットショッピングでは利用が限られることもあり、偽造カードを作るとネットショッピング以外のリアル店舗でも不正利用ができるようになり使い勝手が良いので、犯罪者は偽造カードを作ります。

スキミングなどカード情報だけを盗む犯罪の多くはこの偽造カードを作ることを目的としています。偽造カードによる被害額も年々増加しており、犯罪者がカード情報を盗む大きな理由の一つとなっています。


カード情報の転売目的

不正利用以外の目的としては、クレジットカード情報そのものを売却することができるため、カード番号の売却目的でカード情報を盗もうとする犯罪者もいます。自分でクレジットカードの不正利用をすると足がつく可能性も高いので、個人情報を売買する闇サイトのようなところで売買してお金を得ます。

クレジットカード情報は1件2,000円から3,000円で売買されているところが多いようですが、1,000円以下で売買されているところもあるようです。驚きの安さですが、もしカード情報を盗まれてしまった場合はそれだけ簡単に売買がされ、安価で他人に入手されてしまう恐れがあることを意味しています。

そのため、万が一カード情報を盗まれたり、盗まれた恐れがある場合はすぐにクレジットカード会社に連絡をしてカード番号を変えてもらうようにしましょう。


企業への攻撃目的

最後にお金目的ではなく、自分の能力や思想を世の中に示すためにカード情報を盗み出すハッカーもいます。

2011年のプレイステーションネットワークに対してハッキング事件がそれで、事件では7,000万件を超える個人情報が流出したにも関わらず、直接的な不正利用の被害はほとんどありませんでした。

思想の異なる会社や団体を攻撃する目的でハッキングをしたりしていて、一種の愉快犯といえます。実益を求めていない分、不正利用や転売目的の犯罪者よりも気味が悪く恐ろしいですね。


不正利用は保険を適用。実害がなくても漏えいしたら番号を変える

このように犯罪者、ハッカーは様々な目的で企業や私たちが管理するクレジットカード番号や個人情報を狙っています。

企業もセキュリティを強化していますが、他の犯罪と同様いたちごっこですので、被害が完全になくなることはないと思われます。

アメリカでもクレジットカードの不正利用が多いですが、アメリカではクレジットカードの不正利用があった時に加盟店や消費者が被害額を負担することになり大きな問題になっています。

幸い日本では不正利用をされても被害額はクレジットカード会社が負担することになるので、不正利用にあった場合は盗難保険を使用して請求を無効にしてもらいましょう。

また不正利用による実害がなくても、上述した通りカード番号が売買されている可能性もあるので、今後不正利用をされないようにクレジットカード会社に連絡をしてカード番号を変えるようにしましょう。

不正利用の有無にかかわらず、情報の漏えいの可能性がある時にはまずクレジットカード会社に連絡をして、今後の対応を相談するのが良いですね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ