複数サービスで同じID、パスワードを使う危険性

公開日:2015年10月15日

現在多くのサービスがインターネット上で会員向けサイトを提供しているため、利用するために必要な会員サイトへのログインIDやパスワードを大量に管理しないといけなくなっています。

覚えきれなくなるのですべてのサービスで同じID、パスワードを設定している人も多いと思いますが、IDやパスワードを使いまわすのは危険も多いので避けた方が良いです。

複数サービスで同じパスワードを利用していたことでクレジットカードの不正利用にあうこともありますので、その手口や危険性を見ていきましょう。

IDやパスワードを使いまわすことの危険性

  • 1つのサービスのパスワードを盗まれただけですべてのサービスが不正利用の危険にさらされる

複数サービスで同じID、パスワードを使用することで危険性が増すのは、どれか一つのサービスのID、パスワードを盗み取られただけですべてのサービスが不正利用の危険にさらされるからです。

最近個人情報の流出が起きたというニュースはよく聞くことがありますが、自分が利用しているサービスのどれか一つでも個人情報が流出するとすべてのサービスで不正ログインや不正利用をされる可能性があります。

多くのサービスを利用していると、自分がどの会社のどのサービスを利用していたか忘れてしまうこともありますが、利用していることを忘れていたサービスで個人情報の流出が起きると、自分では気付かないうちに他のサービスがすべて不正利用にあってしまいます。

このように、複数サービスで同じパスワードを利用していると危険が増します。

すべてのID、パスワードを覚えておくのも大変ですが、インターネットの世界は自己責任の世界ですので、せめて不正利用されたくない金融機関、クレジットカードの情報を登録するサービスのIDやパスワードは別のものを利用するのが賢明です。


クレジットカードの不正利用

  1. 1つのサービスで個人情報が流出
  2. 複数のサービスで流出したID、パスワードでログインを試みる
  3. ログインが可能だったサービスでクレジットカード番号が流出
  4. クレジットカード情報をもとに不正利用

複数のID、パスワードを使いまわしている人が多いので、ある1つのサービスのIDとパスワードが流出した時に、悪用犯は入手したIDとパスワードでいくつものサービスでログインを試みます。

同じIDとパスワードで登録していたサイトがあると不正ログインを許してしまい、会員ページ上で入手できる情報はすべて悪用犯に盗み取られます。

不正ログインされた中にクレジットカード番号を登録していた通販サイトなどがあるとカード情報を盗まれます。そして、盗んだカード情報から他の通販サイトなどで不正利用がされ被害にあってしまいます。

このような手口の不正利用はIDやパスワードの使いまわしさえしていなければ防げますので、同じパスワードを利用していることがいかに危険かがわかります。


使いまわしたIDを不正利用された場合に補償はされるの?

  • 不正利用と認められると請求を無効にしてくれることがある
  • 管理がずさんだと加入者の過失とされることもある
  • 自分で決済してしまっている場合は補償対象外

使いまわしたIDやパスワードが原因で不正利用された場合でも、クレジットカード会社では請求を無効にしてくれることが多いです。

クレジットカード会社は不正利用を常に監視していてそのノウハウもたまっています。クレジットカードの利用歴を見て、明らかに行動パターンから考えて不正利用だということがわかれば、利用料金の請求はせずに無効にしてくれるのです。

これまで国内の一定地域でしか利用をしていなかった人が海外の変なサービスを利用し始めたらおかしいというのはカード会社もわかってくれるので、この辺りはかなり柔軟に対応してくれる印象があります。

ただし、上記は一般論でカード会社によって対応は異なりますし、あまりに管理がずさんだった場合は加入者の過失とされるケースもあります。

また海外出会い系サイトの不正利用に代表されるような「自分で決済してしまっている場合」は補償がききませんので注意が必要です。

カード会社で請求を無効にしてくれるとはいえ、1つのIDとパスワードを使いまわすのは大変危険なことですので、できるだけIDとパスワードは使いまわさずにユニークで推測されづらいものを利用すべきです。

また、万が一不正利用にあった場合はクレジットカード会社にすぐに連絡をすることが重要になります。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ