イオンではイオンカードとWAONどちらで支払うのがお得?

公開日:2016年5月14日
最終更新日: 2016年11月25日

a0003

イオンでお買い物する場合、現金とクレジットカード、電子マネーのWAONで支払いをすることができます。

なんとなく現金よりクレジットカードで支払う方が得な気がしますが、クレジットカードと電子マネーはどちらが得なのでしょうか。

イオンでお得な支払い方法について紹介します。


イオンの買い物はイオンカード?WAON?

waon3

イオンで買い物するとき最も得をする支払方法はイオンカードセレクトを使ってWAONにオートチャージをし、お客様感謝デーで買い物をするのが1番お得です。

お客様感謝デーは毎月20日30日に行われている割引で、5%オフになりさらにWAONで支払いをするとWAONポイントも貯まります。

WAONでの支払いによる還元は通常200円で1ポイントの0.5%還元ですが、イオンカードセレクトからオートチャージにをした場合、クレジットカードのポイントも貯まるため、0.5%の還元が上乗せされて1%の還元が可能になります。

WAONだけの支払いでも0.5%、イオンカードなどのクレジットカードでの支払いの場合は0.5%の還元になるためイオンカードセレクトが1番お得です。

ただし、オートチャージによるイオンカードの使用の場合は、ロイヤルパスポートのイオンカードの利用の条件である「カード払いを1回利用」にならないため、すべてWAONチャージにしているとロイヤルパスポートが来ないので一度はクレジットカードで支払いをする必要があります。


5日15日25日に還元の上乗せもある

aeonbank08

さらにイオンカードセレクトは5日15日25日にWAONチャージをするとボーナスポイントが付与されます。

付与されるポイントは半年間のイオンカード用の利用金額によって変わりますが最大で1%還元が上乗せされます。

つまりオートチャージでクレジットカードのポイントが1.5%還元、さらにWAONの利用でWAONポイントの還元が0.5%となり、合計2%の還元を受けることができます。

ステージごとのポイントボーナス

ステージ ポイントボーナス 還元率
(利用ポイント込)
通常時 0.5%
(1.00%)
ステージ1 1.5倍 0.75%
(1.25%)
ステージ2 2倍 1.00%
(1.50%)
ステージ3 3倍 1.5%
2.00%

これをお客様感謝デーで使えば5%の割引通して実質7%お得に買い物することができます。

お客様感謝デーの5%割引の時にはイオンは大変混雑しますので5%割引を狙って買い物してる人は多いと思います。

イオンカードセレクトのポイント還元の上乗せをどれぐらいの人が活用しているかわかりませんが、これをすることで最大限の得をゲットすることができます。

普通のイオンカード使ってる人はもったいたいないので、この機会に是非イオンカードセレクトを検討したほうがいいと思います。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

イオンカードセレクトの特徴やメリットについてはこちらで紹介しています。

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ