クレジットカードを利用したキャッシングの基本と注意点

公開日:2015年10月5日

キャッシングとはお金を直接現金として借りることで、ATMなどで現金を引き出すことができ、後日利子と合わせて返済を行います。

急な現金が必要な場合などに便利で利用されています。

クレジットカードでショッピングだけをしている方にはあまりなじみがないかもしれませんが、クレジットカードを持つと、ショッピング枠とは別にキャッシングの枠も設定され(設定しないこともできます)、キャッシングのサービスを利用することができます。


クレジットカードでキャッシングはできますが、ご利用は計画的に

クレジットカードの決済ができないお店やケースで手持ちの現金が足りないときに、コンビニのATMなどで簡単にクレジットカードから現金を借りることができます。

注意点としては、リボルビング払い同様にクレジットカード会社に借金をすることになるので、本当に必要な時以外使用せず、使用してもなるべく早いタイミングで返済計画をたてることが重要です。

とはいってもいざ現金がないときには便利なサービスではありますので、いざという時のために、自分がつくるクレジットカードにキャッシングのサービスはついているのか?ついている場合、金利は何%か?という点をチェックしておくとよいでしょう。

キャッシングの比較ポイントである「金利」をチェックして、いざという時にも有利な取引ができるようにしておきましょう。

リボ払いも借金なので、キャッシングと同じ注意が必要

カード会社のCMなどで良く聞く「リボ払い」も仕組み上はキャッシングと同じく借金をしていることになり、金利分を多く返さないといけないので利用の際には注意が必要です。

リボ払いはリボルビング払いの略で、カードの利用代金に関わらず毎月の一定の金額を返済していく支払い方法です。

毎月の支払いは一定金額で済むので返済が楽になる一方で、利用代金が多ければカードの返済残高は増えていき、残高には金利がかかるので、総返済額は多額になることが多い支払い方法です。

利用額と支払い額がリンクしないので、クレジットカードの金銭感覚が狂ってつい利用額が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

リボ払いをすると残高が積みあがっていくことになりますが、その残高は利用者がカード会社にしている借金です。

借金をするという意味ではキャッシングと同じですし、金利も高いので、もったいない上、支払いが滞り首が回らなくなる人もいますので、利用のし過ぎに注意して、そもそもリボ払いは極力利用しないというのが賢明といえます。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ