WAONへのチャージの方法とオートチャージでお得なイオンカード

公開日:2016年7月26日

イオンカード チャージ

イオンカード(WAON一体型)やイオンカードセレクトはWAONと一体になったイオンカードですが、カードを作ってからWAONを利用するにはチャージをする必要があります。

WAONへのチャージ方法にはどんな種類があるのか、またWAONへのチャージで得する方法などまとめて紹介したいと思います。


WAONのチャージ方法

  • 現金チャージ
  • クレジットチャージ
  • イオン銀行口座からのチャージ
  • オートチャージ

WAONのチャージ方法は現金チャージ、クレジットチャージ、イオン銀行口座からのチャージ、オートチャージの4つの方法があります。


現金チャージ

イオンカード チャージ

現金でチャージする場合は、WAONチャージャーやイオン、ミニストップのレジなどでチャージすることができます。

WAONチャージャーはイオンの店舗などに置かれています。WAONステーションと別ものですので注意が必要です。

レジでチャージする場合はイオンやマックスバリュー、マルエツなどのイオングループ店舗のレジ、もしくは同じくイオングループのコンビニであるミニストップやファミリーマートのレジでチャージをすることができます。

イオンカード チャージ

「WAONのチャージをしてください」と言えば店員さんがチャージしてくれます。

現金でチャージする場合、レジでもWAONチャージャーでもチャージの単位は1,000円となっています。

また1度のチャージでは2万円が限度額となっていて、WAONのチャージ総額の上限も2万円となっています。

WAONへのチャージ限度額は暮らしのマネーサイトのMypage上で変更することができ、1回のチャージ限度額は29,000円まで、チャージ総額は5万円まで増やすことができます。またチャージ限度額を減らすこともできます。

使いすぎや盗難、紛失が気になる人はチャージ限度額を減らしておくのも良いですね。

イオンカード チャージ

なお、WAONは200円利用ごとに1ポイントのWAONポイントがたまりますので、現金でチャージをしてもWAON利用時にポイントがたまります。

WAONポイントは、100ポイント単位でWAONへ1P=1円換算で交換することができますので、利用するたびに0.5%が還ってきていることになります。


クレジットチャージ

イオンカード チャージ

WAON一体型のイオンカードからは、クレジットカードでWAONへチャージができます。

クレジットカードからチャージしたい場合は、WAONチャージャー、WAONステーション、イオン銀行ATMからチャージすることができます。

チャージは1,000円単位で行い、一度にチャージ可能な金額は20,000円または29,000円です。(カードによって異なります。)

どの端末でチャージする場合でも、画面上でチャージを選択し、画面指示に従ってチャージ金額を入力するだけで、簡単にチャージすることができます。

WAONにチャージした金額はクレジット利用代金として、後日ほかのショッピング利用金額と一緒に請求がされ、引き落としされます。


WAONのクレジットカードチャージはときめきポイントがつかない

イオンカード チャージ

注意したいのは、WAONへのクレジットチャージ分については、ときめきポイントがたまらない点です。

イオンカード通常200円の利用ごとに1ポイントのときめきポイントが付与されます。

イオンの店舗で使った場合は200円ごとに1ポイントのときめきポイントがもらえます。

ですが、WAONへのチャージ分はポイント付与の対象外となっており、原則ときめきポイントがつきません。


WAONへのチャージでポイントがたまるのはイオンカードセレクトのみ

イオンカード チャージ

唯一例外なのがイオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトはWAONチャージ分にもポイントが付く唯一のイオンカードです。その他にも独自のお得な特典が多数あり、数あるイオンカードの中でも1番お得なカードと言われています。

イオンカードセレクトはクレジットカードとWAON、イオン銀行のキャッシュカードが1つになったカードで、イオンカードセレクトを作る際にイオン銀行の口座も開設することになります。

多少手間ではありますが、イオン銀行の口座開設は同時申し込みができるので、1度の申し込みでイオンカードセレクトを作ることができます。

WAONのチャージでポイントが付くのは非常に大きなメリットですので、WAONをお得に使いたいならイオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


イオン銀行口座をどうしても作りたくない人以外は、WAONチャージ時にポイントはたまりませんがイオンカード(WAON一体型)がおすすめです。

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる

他のイオンカードからの切り替えは簡単にできますし、イオンカードは2枚持ちもできるので、他のイオンカードをすでに持っている人は新たにイオンカードセレクトを作るのも良いと思います。


オートチャージ

イオンカード チャージ

イオンカードセレクトやイオンカード(WAON一体型)など、WAON一体型のイオンカードはオートチャージをすることもできます。

オートチャージとはWAONの残高が一定以下になった場合に自動的にチャージをするサービスで、「残高が○○円以下になったら○○円をチャージする」という形で、チャージ判定金額とオートチャージする金額を設定することができます。

手動でチャージする手間が省けるので非常に便利なサービスです。


イオンカード チャージ

また、イオンカードセレクトはオートチャージをした時5のつく日にオートチャージをするとチャージポイントが2倍になる特典があります。

イオンカードセレクトを使っている人は特にオートチャージがお得でオススメです。


イオンカード チャージ

さらにイオンカードセレクトを持っている人には「イオン銀行ポイントクラブ」の特典で、オートチャージのボーナスポイントもあります。

最大でオートチャージ時のポイントが200円利用ごとに3ポイントもらえますので、利用時のWAONポイントとあわせると還元率は2%まで上がりますので、ぜひ最大限活用していきたいです。

WAONにオートチャージした場合も、イオンカードセレクト以外のイオンカードはポイントがたまりません。

オートチャージの設定はカード申し込み時に設定することができますし、カード発行後に暮らしのマネーサイトのMypageやWAONチャージャー、イオン銀行ATMなどで設定をすることができます。

1度使うと手放せなくなるほど便利でお得なサービスですので、ぜひ活用してみてくださいね。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ