イオンカードの審査に通らない理由と専業主婦や無職でも作れるか

公開日:2016年6月1日
最終更新日: 2016年6月28日

erabikata2

イオンカードを作ろうか考えている人の中には、イオンカードの審査基準が気になる人も多いと思います。

特に、「専業主婦や無職でも作れるか」は多くの人が抱く疑問です。

特にイオンカードはイオンをよく利用する人には必須のカードですので、主婦の方が作ることが多いです。

専業主婦の人だと特に収入がないので夫の名義で作ったほうがいいかなど悩む人はいるようです。審査落ちしても実害はないですが、何か自分を否定された気になって気分の良いものではないですからね。

そこで本ページではイオンカードの審査基準や審査落ちする理由、主婦や無職の人でも作れるのかどうかについて紹介します。

イオンカードの審査基準

通常クレジットカードの審査基準は詳しくは公開されていません。

イオンカードの公式サイトに記載されている入会基準(目安)を見ると以下のようになっています。

■ご入会の目安

  • 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。
  • 未成年の方は親権者の同意が必要です。後日確認のお電話をさせていただきます。
  • 審査によりお申込みの意に添えない場合がございます。

  • これを見ると、年齢には明確な記載がありますが、勤続年数、職種、勤務先の規模、年収、居住年収、住居形態、家族構成など一般的にクレジットカードの審査で見られるであろう項目については特に記載がありません。

    審査基準を明かす会社はありませんので、当然と言えば当然ですね。


    一般的なクレジットカードの審査基準

    一般的にクレジットカードの審査基準として重要視されるのは以下の3点です。

    • 年収
    • 信頼度
    • 居住場所

    年収については収入がないと支払いができないので特に重要視されます。

    また申し込みをしてきた人が信用できる人間なのかどうかチェックされます。一般的にはクレジットカード会社の間で共有されている信用情報がチェックされます。

    過去に料金の支払いで未払いや滞納がある場合は、ほとんどのクレジットカードの審査を通る事はありません。

    居住場所についても何かあったときに連絡が取れる居住先や連絡先があるかどうかが重要視されます。


    イオンカードの審査基準

    イオンカードの審査基準は一般的なクレジットカードの中の見てもあまり厳しくない、甘いと言われています。

    主婦や無職の方でもイオンカードの審査に通ったと言う人は多くいますので、年収という部分の条件は他社よりも厳しくは見ていないように思われます。

    なので・・

    主婦の方が自分の名義でイオンカードを作ることも十分可能です。

    専業主婦の人の場合は配偶者や家族の収入を元に審査がされていると思われます。


    無職でも作れるが無収入は厳しい

    無職でもカードは作れますか、無収入だと審査に通るのは難しいといえます。

    実際私も無職に近い個人事業主という形でイオンカードを作りましたが、特に電話確認などもなく審査は無事通りカードを作れました。

    無職の人でも何かしらの収入がある人は、その収入金額をきちんと書くのが良いですね。

    また家族の収入がある人であれば、家族の勤務先や収入を記載することで審査に通ることもあるようです。

    イオンカードは学生でも作ることができますか、大学生以上、18歳以上でないと作ることができません。

    こちらについては先ほど書いた通りイオンカードの公式サイトで明確に記載されているので高校生や18歳未満の人はカードが作れません。

    大学生の人は自身のアルバイトでの収入や配偶者や家族の職種や収入によって審査がされます。


    イオンカードの審査に通らない理由

    イオンカードの審査に落ちてしまった人は「なぜだろう?」と考えると思いますが、よくあるのは以下の理由です。

    • 他社のカードで審査に落ちた経歴がある
    • 短期間に複数のカードの申し込みをしている
    • クレジットカードを大量に保有している
    • 信用情報がブラック(過去2回の履歴があるなど)
    • 借金をしている
    • キャッシング枠の設定が高すぎる

    クレジットカードに申し込みをした履歴は全て信用情報機関に記録されています。

    また直近で他社のカードに申し込みをして審査落ちした情報も記録されています。そのため不自然に申し込みをしている人だと審査に落ちる可能性があるといえます。

    またあまりにも多くのクレジットカード持っていても審査落ちする人がいるようです。

    過去に延滞の履歴がある場合も、個人信用情報センターに情報が保存されますので、カード会社に把握されて審査落ちの要因となるようです。

    また他社から借り入れがある人は審査に影響すると言われています。

    借金があるということは返済をする必要があるので、実質的に収入が減ることになり審査に悪影響となります。

    審査に影響がある目安としては年収の50%以上が返済額になっている場合です。

    年収400万円の人でも300万円借金があったら実質的な年収は100万円として審査されるということですね。

    またネット上などではキャッシング枠が高すぎて審査に落ちたという情報もあります。

    イオンカードは審査内容に応じてキャッシング額を設定してくれているので、希望が通らなかったとしても審査結果に応じたキャッシング枠が設定されます。

    そのためキャッシング枠の設定が直接審査に影響するとも言い切れませんが、頭の片隅に置いておいた方が良いですね。

    とはいえ、キャッシング枠が高すぎることで審査で嫌われる可能性もなくはないので、特にキャッシングを利用する予定がない人はキャッシング枠は0円として申し込むのが無難です。


    イオンカードより審査が甘いといわれるクレジットカード

    イオンカード 審査

    イオンカードの審査に落ちた人でも審査に通った」と報告があるのが楽天カードです。

    クレジットカードの審査基準はカード会社によって異なりますので、年収や信用情報の要件などが低いのかもしれませんね。

    上述した通り短期間でたくさんのクレジットカードに申し込むと審査に通らない可能性はありますが、過去にイオンカードの審査で落ちて、なんとかほかのクレジットカードを作りたい人は楽天カードに申し込んでみるのも良いかもしれませんね。

    楽天カードは年会費無料で様々な特典もある人気のカードです。

    メインで使うカードとしても十分機能するのでおすすめですよ。

    楽天カードの詳細を見てみる


    まとめ

    イオンカードの審査内容などについて見てきました。

    カードの審査内容や明確な基準はクレジットカードの内部情報ですのでわかりませんが、少なくとも主婦だから絶対に審査落ちするということはありません。

    イオンカードは主婦のためのカードといってもよく、様々な特典があります。

    ぜひ専業主婦の方や無職の人も自分の名義でイオンカードを作ってみましょう。

    人気のイオンカードはイオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)です。

    イオンカードセレクトの詳細を見てみる

    イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ